「責任とってください」と云われると
人は誰でもビックリしてしまいますが、
保証が充実していれば安心することが出来ます。

補聴器メーカーおよび販売店は
紛失した場合、ハウリング(音がピーピー鳴る)、修理に対して
対応が充実してきています。

① 紛失した場合

  盗難届や遺失届証明書が必要ですが、
  新しい補聴器を手に入れることが出来ます。
  
②  ハウリングした場合

     体重が減ったりして、
  耳の形が変わると、ハウリングが起こりやすくなりますが、
  そんな時には、シェル再制作してもらえます。
  (もう一度型採りをして、作り直ししてもらえます)

③ 修理が早い

以上3つの保証の対象となる補聴器の器種には
まだまだ一部の商品のみとなります。

また、補聴器をご購入いただいて手から
1年とか2年間とか長くて3年程度と
期間が限られていますので、
ご購入の際には販売店に確認されると良いかと思います。