補聴器選びは難しいです。
それはどうしてでしょうか?

1 選択出来ない

一つは、お客様が自由に選べないことにあります。
一般的には補聴器は対面方式で販売されていますが、
販売員が提示する補聴器のタイプに
よくわからないまま
選んでおられる場合が殆どです。
スーパーで野菜を買うのなら
毎日の話なので、

比較検討もしやすいでしょうが、
補聴器は非日常的なちょっとしたイベントになります。

2 情報が少ない

二つ目には
補聴器の情報が少ない点にあります。
これは一つ目と関係していますが、
情報が少ないために、
普段から目にしない。
そして、知識不足でお店に行って、
販売員から提示された補聴器を
そのまま購入してしまいます。

お客様にしてみても
友人や耳鼻科の先生に訊くけれど、
なかなか突っ込んだ話をされている方は
少ないです。

誤った情報も氾濫しているために
どうすれば良いのか、
次回以降でお伝えさせていただき
ます。