難聴と様々な病気との関連性

アメリカでは3600万人が難聴であり、
その65%が65歳未満です。
65歳から75歳の年齢層の3分の1、
および75歳を超える年齢層の約半分が
ある程度の難聴を抱えていると推定されています。

現在、積極的な対策をとられていない難聴が、
さらに広範にわたる
深刻な影響を及ぼす可能性があるということが、
アメリカの最新研究でわかってきています。
このページでは、
難聴と様々な病気との関連性について
アメリカでの最新研究についてご紹介いたします。
(※シーメンス患者さん向け情報より)

〇難聴と糖尿病

〇難聴と転倒リスクの増加

〇難聴と認知症

〇難聴とがん治療

〇難聴と脳心血管障害

タイトルとURLをコピーしました