鉱山業、建設業は仕事に従事している
3分の2にあたる人々が50歳までに
難聴になる体験をしています。
これはきっと大きな音が出る日常的に
重機などを使っているからでしょう。

また、軍人についても
アフガニスタンから帰還した戦闘部隊の65%以上が
聴力損失または音響性外傷に悩まされています。
 
農家はトラクター、コンバイン、チェーンソー、豚の鳴き声なが原因となり、
平均的なアメリカ人よりも3倍以上聴力を失う機会に
さらされているそうです。

そしてアメリカで最も多くの人が働いている製造業では
職業環境がもたらす難聴の顕著な例がみられます。
たとえば、ミシガンで行われたある研究では
難聴になった人の半数以上は製造業に関係する
職業に就いていたということです。