アメリカでは難聴者は、
関節炎 循環器系の病気に次いで第3位でその数は
3500万人だともいわれていますが、
そのうちの2600万人は補聴器を使っていません。
日本でも、同じように
使いたいけれどもガマンされている潜在的な方々が
おられると思います。

では補聴器を使ったらいいんじゃないかと、
考えられる方も多いと思います。
しかし、冒頭に述べたように、
アメリカでも日本でも
難聴を自覚していて使っていない方が多いのには
補聴器の値段と云う問題が立ちはだかっているためです。

また程度の差こそありますが、
難聴はその方の生活だけでなく、職業にも影響を与えています。

たとえば、会社では上司や部下、取引先などと
コミュニケーションを図る必要が出てきます。
ところが、それが思うようにいかない場合、
結果的に人と接する仕事を避けることになるでしょう。

ですので、難聴というだけで
技術や素質をもっていても

埋もれてしまっている人材がかなり多いに違いありません。

そんなわけで、
難聴と補聴器の値段と職業には
密接不可分な関係があると云えるのです。

 

あおぞら補聴器序二段四十一枚目