難聴と糖尿病

難聴と糖尿病との因果関係について

糖尿病でない人と比較すると2型糖尿病(米国の全糖尿病症例の95%を占める)の成人患者では、難聴の罹患率が2倍となっています。

難聴は糖尿病患者に多い

糖尿病患者は、糖尿病でない人と比べて難聴になる可能性が2.15倍であり、年齢別に見ると、60歳未満では2.61倍のリスク、60歳以上では1.58倍のリスクとなっています。

糖尿病が感音難聴につながる可能性があるというエビデンスについて

糖尿病患者は、糖尿病と判明した当初は正常、あるいはほぼ正常の聴力を持っているものの、結果的に進行性の感音難聴に悩まされることになると考えられます。

※シーメンス患者様向け情報をまとめました

タイトルとURLをコピーしました