現在、日本のさまざまな業界が岐路に立たされています。
今まで大きな会社であっても
投資家や消費者からそっぽを向かれればノックアウトです。

これからの時代は
「各個人のブランド化」
「国境を越えた仕事」
「高齢化に合わせた仕事」
「食」に焦点を合わせた事業展開が必要になると考えています。

少子高齢化の一点張りで
日本を悲観的な論調を覆っていますが、
これを乗り越えると、
日本は世界に冠たる企業が輩出されることになります。

ですので、私はまだ世間には認知されていない
補聴器で勝負するつもりです。

あおぞら補聴器序二段四十三枚目