隠す時代から魅せる時代へ

「補聴器をつけていることを人に知られたくない」

今まで補聴器といえば、
どちらかと云うと、後ろ向きのイメージが強くありました。
しかし、メガネも昔はそうだったのをご存知でしょうか?

アメリカの大統領が原稿を読む際に、
「お見苦しいですが」
と皆に断ってから、メガネをかけていた時代があったのです。

考えてみれば、メガネが一般的で
補聴器がそうでないのも可笑しな話です。
目と耳でそれぞれの働きに違いはあっても
どちらも大切な身体の一部です。

これから時代は変わります。

元気な高齢者の方々が増えてくるにしたがって、
補聴器をされている姿を見かけることも多くなりますし、
活動的な方にとっては必須アイテムになることでしょう。

みんなが日常生活をよりよく過ごせるお手伝いをしたいと
あおぞら補聴器は考えています。

タイトルとURLをコピーしました