難聴と転倒リスクの増加

高齢者の転倒や怪我の原因の多くが予防可能です。

医師は常に高齢者の患者に対して、
運動すること、視力検査を受けること、
医薬品による眩暈が起こらないか
観察することを助言しています。
これらに加え、よく知られていることは難聴です。

25dBの難聴(軽度難聴)を抱える人は
難聴のない人と比べ、
転倒した経験ア3倍近く多く、
難聴が10dB進むごとに
転倒リスクが1.4倍増加しています。

 

難聴による転倒が怪我や入院につながります。

65歳以上の米国人にとって、
転倒は多くのけがや死亡の原因となっています。
高齢者は、転倒後、脳損傷、腰部などの骨折することが一般的です。

65歳以上の3人に1人が毎年店頭しており、
転倒によって多くの人が何らかの
致命的、あるいは怪我を負っています。

2001年から2004年の
全国健康栄養検査調査
(National Health and Nutrition Examination Survey)の
データを活用からも

難聴と転倒リスクは裏付けられています。

タイトルとURLをコピーしました