補聴器を使うならば早いほうが良いです。

どうしても年齢を重ねれば重ねるほど

物事に億劫になり

本当に聞きたいと思ったときには

使い方をマスターするまでに一苦労も二苦労もなさるからです。

また、運動をしなければ筋肉が衰えるように

補聴器を使えば、聞こえて脳に刺激を与えるけれども、

使っていないのならば、所謂「聞こえの筋肉」といえるかもしれませんが、

脳自体が聞く耳をもたなくなる傾向に陥ってしまいます。

誰しも少しずつ、

肉体的にはできなくなることが増えてくるかもしれませんが、

早くから使い始めようとするその積極的な心も

補聴器早期装用者には多くみられるように感じています。