日常的に大きな音を聞いていると
難聴になることがあります。

たとえば、
歌手は有名になればなるほど
大きなホールでコンサートを行いますが、
2時間くらいの間、ずっと大きな音を耳にしています。

また、本番だけではなく、
リハーサルもあることを考えれば
常時、耳に負担を強いていることになります。

時折、難聴だと公表される方は
これが少なからず原因になっているのだろうと思います。

また、工事現場や工場で働いておられる方たちも、
ドリルの音や機械の音を
耳にしていることで聞こえにくくなる場合があります。
お医者さんではないので、なんともいえませんが
一般的には騒音性難聴と云われています。