耳かけ形が増えているのは、
RICと呼ばれるタイプの
補聴器が誕生したからです。

これは非常にすぐれものです。
補聴器といえば、
音の出る部分にあたるレシーバーは
補聴器本体の中に入っていましたが、
これを耳の中に入れるような構造にしたのです。
ですので、補聴器の形が小さく、軽くなりました。

耳かけ形はその名の通り、
補聴器を耳介と呼ばれる部分にかけて
お使いいただきますが、
音の出てくる場所も従来のタイプとは違います。

耳の中にある
レシーバーからなので、
より直接聞こえてくるのです。

小さくて目立ちにくし軽い、
しかも色々なデザインから選べますので
オシャレを楽しむことも出来ます。

肝心の音が聞こえてくる場所も
工夫されているし、
これが今一番販売されている理由でしょうね。