耳かけ形は
今もっとも使っておられる方が多いです。
思えば、つい数年前までは
耳あな型が主流でした。

ところが、
今の補聴器はちょっと見たところ、
アクセサリーの一部のようにも思えます。
色合いといい、形といいオシャレなデザインなのです。
補聴器を隠すのではなく、
魅せよう、そういった傾向にあります。

またそれに加えて、
耳あな型には必ず必要な工程である
耳型採取の手間が省けるといった、
メガネ店を中心とした販売店サイドの思惑もあります。

重度の難聴の方も
補聴器のパワーを必要とすることから
大抵、耳かけ形になります。

ポケット型も、重度の難聴の方に使っていただけますが、
ポケットに補聴器を入れておくと、
服の擦れる音も聞こえてきます。
それが難点といえば難点です。

また、学生や現役でバリバリ働いておられる方にとっては、
ポケット型はポケットに入れていると
前述のような問題もありますし、
マイクを喋っている相手に持っていくことも
難しいでしょうから、
耳かけ形がおすすめになります。