シーメンス補聴器のbinaxについてまとめてみました

・ビーム指向性

  •  カメラのズームのように前の相手に焦点を合わせています。
     同窓会、居酒屋、講演会でもOK

ビーム指向性の角度が45度(普通の半分以下の狭さ)のため、
正面の相手の会話は聞き取りやすくなります。

研究結果では、健聴者より聞き取りが向上した場面もみられました。
方向感や距離感などのバランスにも優れているので、
正面しか聞こえないといった不自然な聞こえにはなりません。

・両耳eウィンドスクリーン(7bxのみ)

  • 声は両耳から聞こえる。けれども、風のビュービュー音が消えます。

両耳の補聴器のうち風が弱い側の音声を風が強い側にコピー
(低音域のみ)して聞くことが出来る機能です。
つまり両耳で風の少ない側の音声を聞くので風の音が消える感じになります。
風が吹いた時だけに動作するので、電池の消費もわずかで済みます。

・スピーチフォーカス360 (7bxのみ)

  • 声を追いかけながら、他の方向の音を抑えます。
    今までは横から声が聞こえても、それに対応できませんでしたが、
    「声が聞こえてきた」と補聴器が判断すれば、
    聞きたい方向の声は聞きやすく、
    他の3方向は抑えてくれるので、
    より静かで聞き取りやすくなります。

・マニュアル指向性

  • 聞こえる範囲を調節します
    (自動的に不要な話し声を拾ってしまう場合に、
    ご自分で聞き取りたい範囲を選択できる機能です)

上述の「ビーム指向性」や「スピーチフォーカス360」は
声に自動でフォーカスする便利な機能です。

しかし、一人で入った喫茶店で他人の話し声を拾ってしまうのは玉にキズです。
とはいえボリュームを下げるとウェイターの呼び声が聞こえなくなってしまいます。
それを解決するのがマニュアル指向性です。

ビーム幅や方向など自分で聞きたい声を選べます。
アプリやeasyTekで簡単に調整可能です。

アプリの機能は、全てのスマートフォンに対応しており、
ボリューム・プログラム変更・高音の上げ下げ・補聴器マイクのミュートが出来ます。
※操作はスマホから瞬間的な高音を出して行うので、騒がしい場所では上手くいかない場合もあります。

・binx fit

  •  マイコンシリーズから120%向上したスーパーコンピュータに迫る「超高性能新チップ」

XCELシリーズの日本語の聞き取りやすさ

miconシリーズ の聞き心地

さらに改良

指向性・・・方向や距離間の改良
コンプレッション・・・ご自分の声が響きにくく改良
ハウリングストッパー ・・・音質の安定感の改良