補聴器を使うことが当たり前に

最近お客様とお話して感じることですが、補聴器に対する見方が変わってきました。

私が社会人として補聴器の店頭に立ち始めた20年前は、補聴器を使うとなると、ややもすればおみくじで大凶を10回くらい引いたような暗い顔をなさっている方が多かったです。

しかし、最近では、ご家族のみならず、補聴器を使うことになったご本人も補聴器を使わなければ損だと、聞こえないことは生活の豊かさを損ねると言った考え方をお持ちの方が増えていることに気づかされます。

補聴器に対する偏見がなくなって、メガネのように補聴器を使うことが当たり前の世の中になって来ていることを感じます。

タイトルとURLをコピーしました