大阪市鶴見区鶴見へ訪問

「来てください」と一本電話が入り、訪問。
電話をかけてこられるお客様は
私が御返事しても聞こえていないので、
いつも用件をおっしゃると
電話を切るのですが、
お互い何度も繰り返していると
あうんの呼吸といった感じになってきました。