通信販売の広告などには、集音器であったり、補聴器と表示されているものがあります。これらは補聴器は医療計機器として承認を得たものですが、集音器や助聴器は得ていないものということになります。
医療機器の承認を得るためには、さまざまなデータを提出する必要があります。集音器や助聴器はそれをせず、音響機器として販売しています。何のチェックもされていないため、性能や安全性に
問題があるものもあります。
また、通信販売の補聴器や集音器はほとんどが軽度難聴者用です。そのあたりのことを知らないかたはまだまだ多いです。