補聴器をつけたのだから、聞こえるようになったのだろうと、
実は聞こえにくいことも結構あることを知らないままに話しかける方も少なくありません。

しかし、補聴器をつけても聞き取りにくさはあります。
つけない時よりはいいけれど、
それでも頭にモヤがかかったような気分になっている方も多いのです。
そんなワケで、ちょっとした気配りをするだけで、
御本人の負担が少なくなり。
ずいぶん聞きやすくなります。

顔を向けて話す
話を聞くには耳だけではなく、目からの情報も重要です。口の形や表
情を手がかりに音を判断できるのです。
そのため、顔や口元が見えるように正面を向いて話をしてください。
正面からの声は直接耳に届くため、聞き取りやすくなるということもあります。
静かな環境で話す難聴の人は、
まわりの雑音よりも会話のほうが十分に大きくないと、
よく聞き取ることができません。
反対に、まわりの雑音が少ないほど、声は聞き取りやすくなります。
テレビや音楽はつけっ放しにしないで、
ボリュームを絞って話をしてください。

近づいて話す
相手との距離が近いほど音は大きくなるので、
補聴器をつけた人には近くに行って話をしてあげてくださ
い。特にまわりがうるさい時には
すぐそばでお話するのがもっとも有効です。
ゆつくりはっきりと話す
難聴の人に対して早口で話すこはいけません。
少ない音情報をもとに聞き取りをしておられるので、
音の理解に時間がかかります。
よく聞き取れないうちに、次の言葉が来ることになり、理解できないのです。

聞こえが悪くない人でも、
テレビのパラエティ番組などでは何を言っているのかわかりにくいことがあり
ます。一方、ニュースを読むアナウンサーの声はよく聞き取れます。
ほんの少しゆっくり、そしてはっきりと話すよう心がけてください。

補聴器をつけた人に向かって、
怒鳴るように大声で話しかけている人をよく見ます。音は補聴器が大きく
してくれますので、大声を出さなくても大丈夫です。難聴の人は小さな
音が聞こえないのと同様に大きな音にも弱く、響いてしまいかえって聞
き取りにくくなることがあります。
そうはいっても、うるさい場所ではS/N比を保つために、
騒音よりもある程度大きな音を出す必要はあります。

言い直しや言い換えをする
うまく聞き取れていない時には、
もう一度繰り返したり、大切な言葉
は言い換えてみたりしてください。