補聴器のトラブルには、おもに次
のような症状があります。
●音がまったく出ない
電池がすぐになくなる
これらの原因としてもっとも多いのが電池切れです。電池を入れ替えてもすぐに調子が悪くなるという人もいますが、入れ替えたつもりでまた古い電池を入れていることもあります。新しい電池かどうかをもう一度確認してみてください。なお、電池が切れていても、スイッチを入れた後の数分間音が出ることがあります。

音が小さい
音が出ない、もしくは音が小さい
というときは、補聴器の音の出口(音
道)に耳あかなどが詰まっている可
能性もあります。補聴器や耳栓をよ
く見てみてください。
耳あかが詰まっているときは耳あ
かガードの交換やイヤモールドを掃
除する必要があります。もしそれで
もトラブルが解消しないときには、
補聴器店に相談してください。
音や声が変に聞こえたりひずんだりする
補聴器の内部の異常、たとえばマイクロホンやスピーカーの劣化、Cチップの不具合、接続不良など、補聴器本体の不具合やトラブルの可愛
能性があります。補聴器店に相談してください。

●ピーピーと音がする
いろいろな理由から、補聴器のイヤモールド、シェル(耳あな型の外の部分)が耳に合わなくなって
いる可能性があります。

ほとんどの部品が修理可能です。
どんなに大切に扱っていても、故障したり破損したりすることはあります。しかし、補聴器は原則としてほとんどの部品が交換修理可能です。
これはもうダメかと思うような破損の場合でも、まずは一度、補聴器店に相談してみてください。
保証期間や保証の内容はそれぞれのメーカー、補聴器ごとに違います。
保証の延長制度のあるメーカーもありますので、購入時に確認をしてください。また、販売店によっては修理中に代わりの補聴器を貸してくれるところもあります。