耳かけ型や耳穴型の補
聴器には、空気亜鉛電池というボタ
ン形電池が使われています。

空気亜鉛電池にある
シール
をはがすと、そこに小さな空気孔(あ
な)があります。この孔によって電
池の中の亜鉛と空気中の酸素が少し
ずつ反応します。
そうして電気が発生するのです。

電圧が安定
するまでにおよそ30秒から1分ほどかかり
ます。
注意が必要ですが、欠点があります。いった
んシールをはがすと使わなくても少
しずつ放電してしまうので、シールをはがすと必ず補聴器に使うようにしてください。
補聴器に使われる空気亜鉛電池は
電池には4種類あり、大きさも違います。
電池の御購入の際には、自分の補聴器に合う種一
類かどうか、お店のスタッフの方に確認してください。
なおポケット型補聴器には、
単3または単4乾電池が使
われています。