補聴器を使用しているにも拘らず、
聞こえにくいというケースもあります。
その一つに
聴力低下があった場合です。
ある程度は調整は出来るのですが、
何かしらの原因で急激な聴力低下があった場合、
今までに使っている補聴器では
『パワーが足りない』という場合もあります。