補聴器を使うのに適齢期があります。
年齢のことではありません。

「ちょっと聞こえにくいかな?」と感じ始めた時から
2、3年までの間に使い始めるかどうかにあるようです。
この時に、補聴器を使い始める方は
比較的上手にお使いになっているように見受けられます。

補聴器を使うのにためらいを感じられることもあるようですが、
「使ってみれば、思ってよりも悪くないね」というお言葉をいただくことも
増えてきました。

今日も鶴見区を訪問しています。