雑誌をつくります。この指に集まる人はおられませんか?

最近、こちらのホームページや
ツイッターをご覧になった
さまざまな方とのお付き合いが広がっています。
大阪ばかりでなく、他府県の
同業の方や他業種に就かれている方のなかにも
この入口のドアを開けると、
すぐに出口が見える
短編小説のような

横堤のお店にお越しになる方がおられます。

5時間くらいはかかるんじゃないか、という遠方から
お見えになるような熱心な方もおられます。

私も含めて、これからの時代をどう生きていくか
考えている方が多いのだということなのでしょう。

前々からこちらのブログやツイッターで
書いておりましたが、

聞こえないことで苦しんだり情報不足で
困ってらっしゃる方がたくさんいると思います。
そこで、「聞こえ」をテーマに
雑誌のようなモノをつくろうかと思います。
どういった形の本になるかは
まだわかりません。
私は実は『暁将棋部屋』という本をつくって
東京の千駄ヶ谷にある将棋会館と
大阪の福島にある関西将棋会館で
販売していただいております。
https://twitter.com/akatsukijyuku
ページの冒頭は
『塀の中の懲りない面々』で有名な
安部譲二先生にお書きいただきました。
そういったわけで多少のノウハウはあるので、
それを生かして、今度は
ヒトに焦点を当てた雑誌のようなものを
つくれればと思っています。

読んで前向きになれるようなそんな本にしたいと思います。
何かしらの形で協力いただける方は
是非この指にお集りください。

コメント

  1. What's Coffee より:

    フォローありがとうございます。
    聴覚障害をもつバリスタとして活動しております、What’s Coffee の KYOHEI と申します。
    雑誌の件について、何か力になれないかと思い連絡させていただきました。
    よろしくお願い致します。

  2. 藤山 より:

    いつもいいね、有難うございます。
    あいと介護タクシー藤山と申します。
    介護業界で、約10年勤務して、今年、やっとこさで、
    介護タクシーを立ち上げ、現在悪戦苦闘しております。
    こんな私でも、もし何かお役に立てる事があるならばと
    思い、ご連絡させて頂きました。
    良い雑誌を世に出したいですねー。
    宜しくお願い致します。

    藤山

タイトルとURLをコピーしました