本人よりも家族など、周囲の方が
「補聴器を使って欲しい」となります。

そのヒトだけ、
声を大きくしたりゆっくり話すことを
日常的にすることは
意外と負担になるからです。

さらに聞こえにくくなっていくと
その間に年齢も重ねていることになるので、
新しいことに対する適応力も低下していき、
補聴器を使うことに対する
心理的な壁とともに
実際に操作する壁も高くなってしまいます。

難聴は認知症と関係があるということが
徐々に知られてきましたが
聞こえることで生活が変わったということは
ご本人よりも周囲が気づくことが多いようです。