難聴者への話し方には配慮が必要です

難聴者が聞き間違いやすい言葉があります。

代表的なものとしては、
「佐藤さん」と「加藤さん」
「おじいさん」と「お兄さん」
「虫」と「牛」などです。

健聴者の人でも場合によっては
うっかり聞き間違えてしまうような単語ですが、
前後の文脈から類推できるように、
単に「佐藤さん」というよりも
「隣のおうちの佐藤さん」とか
「20歳くらいのお兄さん」とか
言葉にボリュームを持たせてあげることが肝心です。
他にもいくつか心に留めていただくと
お話しもよりスムーズに運ぶのではないでしょうか?

・句読点を目安に間をとること(却って細かく話すとわかりにくい)
 極端にゆっくりだと、
 難聴者のプライドを傷つけることがあるので
 どの程度のスピードにするか話しながら調整する。

・ゆっくりと抑揚をつけて話す(早口だと伝わりにくい)
 感情を込めて話すと通じやすくなります

・日本語は語尾でようやく内容がわかることが多いので、
 語尾を曖昧にせず、最後まではっきりと話す。
・相手の顔を見ながら話す
 口元が見えるだけで
 聞き間違いが減ります。

・一度に大勢の人が話している場合には
 難聴者にとって、
 ハードルがあがりますので一人ずつ話す。

・雑音や反響の少ない場所で
 声が周りの音にかき消されないような場所での
 会話が望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました