難聴者にとって受難の時代ももうすぐ終わりに

補聴器を使う前には、
ご自身で積極的につけようという方はおられません。
皆さん、「補聴器をつけたらいいんじゃないの?」
と人からススメられることが増えてきて
ようやく決心するということが多いようです。

なかには、クチの悪い人から、
からかわれることを避けるためにお店に来られた方もあります。
また、別のお客様からは
補聴器を使うようになると、
人から、かわかれることもなくなったと聞いたこともあります。

どうやら、
補聴器を使って実際に聞こえるようになっているから
「聞こえていない」と
人から言われなくなったこともあるけれど、
今まで、あまり聞こえていなかった人が
補聴器を使って
一生懸命に聞こうとしているその姿勢を見て
外野も口を慎むようになった面もあるようです。

ただ、難聴者にとって受難の時代は続きそうです。
補聴器を使っているのに、イヤホンだと間違えられて
警察に注意される人も多くおられます。
警察官が補聴器に対して無知だという面があるにしろ、
今はパッと見たところでは、
補聴器だとわからないような商品もあるので、
お互いに気まずい思いをしないといけないことが続いています。
若葉マークのように、ひと目でわかるような
ステッカーを自転車に貼ることも一つの方法かもしれません。

補聴器を使っている人が多ければ、
補聴器を使っている人を見ても
それが当たり前の街の風景になりますが、
私の予想では
あと5年で人々の意識は随分変わると考えています。

タイトルとURLをコピーしました