伝音難聴と感音難聴

難聴にもいろいろな顔がありますが、
伝音難聴と感音難聴の2つを知っておられると
いいと思います。
たとえば、白鳳よりも巨漢の人がいるとして

その人が、
ダイエットしようかと思うと、
貴乃花のようにスリムになる可能性はあります。

これが伝音難聴です。
伝音難聴は外耳と鼓膜、中耳に障害があり、
耳の神経に到達するまでに
なんだかの原因で聞こえにくくなっている状態です。
神経は傷んでいないので、
補聴器で一定の効果が得られやすいです。

それに対して、感音難聴は
内耳か超神経が原因で、
その字の通り、人間の体の中のほうに原因があります。

そのため現代の医学では治療が難しく、
伝音難聴の方に比べて、
補聴器の効果がある場合と
なかなか改善が難しい場合とがあります。

糸電話の糸が切れているのが
伝音難聴で、
紙コップが壊れているのが
感音難聴と云ったほうがわかりやすいでしょうか?
何か良い例があればお教えください。