補聴器はお渡してからが
長いおつきあいが始まります。

「あなた好み」にするには
時折調整する必要があるのです。
お店で聴力を測定し、
それに合わせたデーターを
補聴器にインプットします。

しかし、人の感覚は千差万別です。
家に帰って
「こんな音が気になるなあ」
「もう少し聞こえるようにしてほしいなあ」
とか色々ご要望が出てくると思います。

その時には微調整が必要ですし、
時間の経過とともに
聞こえ具合も変わってくるので、
改めて聴力を測り必要も出てきます。

この過程を飛ばしてしまうのが、
現在行われている通信販売です。
度が合っていないレンズを
販売しているような面がありますが、
そのあたりのことをご存じない方も
まだまだ多いようです。