補聴器と集音器の違いについても
知っておく必要があります。

聞こえるようになれば
どちらでもいいじゃないか、
と一瞬考えてしまう方もおられるかもしれませんが、
大きな違いが2つあります。

一つは補聴器は厚生労働省から
効果や安全性といった一定の基準をクリアしている
医療機器としての認定を受けていますが、
通信販売でよくみられる
集音器にはそのような認定は受けていません。

もう一つは
集音器は音の調整が出来ないので、
大きな音もそのまま聞こえてきて
うるさくてビックリされることもあるということです。
聴力を測らず、通信販売されていることも多いので、
視力を図らずにメガネを買ってしまっているような
結果になってしまいます。
その結果、
耳を傷めてしまう可能性があります。

手前味噌になってしまいますが、
背中がかゆくなる前に
かいてくれるような機能がついているのが
補聴器で、
最近の主流のデジタル補聴器には
雑音と会話を区別してくれるような
高機能商品が豊富になってきました。

そのような補聴器であっても
一回で調整が出来るわけではありませんので、
集音器より、補聴器のほうが
感覚音の微妙な調整が出来るタイプで
二つは似て非なるモノといえるでしょうね。