「電話が聞こえにくい」ということで、
あるご自宅を訪問させていただきました。

ご本人も補聴器を10年ほどお使いで
補聴器のことをよくわかっておられるので
その分、音の好みもおありです。

ですからその分、私も調整しがいがあります。

現在、補聴器は
理屈で割り切れないような部分があるようにも感じます。
「あなたには絶対この音しかありません」
といった部分がないのです。
今後はそのブラックボックスになっている部分も
究明されていくのでしょうが、
ご本人の感覚や補聴器使用経験などの
背景も加味したうえで調整する必要があります。

調整後、私がお家の玄関の外へ出て、
電話をしてみてもよく聞き取れておられます。

一時的な入院や体調が変わると
それによって、聞こえ具合が変わる方がおられます。
退院して間もないその方の
お体と聞こえが良くなってよかったと、
私も気分よくご自宅をあとにさせていただきました。