補聴器と云えば、
最近ではデジタル補聴器がほとんですが、
従来のアナログ補聴器とはどこが違うのでしょうか?

一つは大きさです。
アナログは一つ一つの部品が大きいのですが、
デジタルならICチップに組み込んでしまうので、
形が小さくなりました。
そのため、CICと呼ばれる
耳の奥で収まって、人目につかない補聴器が出てきました。

二つ目は
性能が良くなりました。
アナログ補聴器では、電流を流す時に
ひずみが出るため、
細かな回路をつくることは出来ませんでした。

しかし、デジタル補聴器なら計算をするだけなので、
(賢いですね)
ひずみはほとんで出ずに、
高性能な補聴器が出てくるようになりました。