ハウリングを制御できる技術の発達によって、
オープンフィッテングの補聴器が登場しました。
通常の補聴器のタイプとどこが違うのか
見ていきましょう。

耳を塞がないので、
1、音がこもらない
2、圧迫感がない
3、耳の中で、湿気がこもることがない

ただし、
ハウリングを完全に抑えることは
まだ難しい面も多く、
オープンフィッティングが合う方は
補聴器が初めての軽度難聴から中等度の方に限られています。