さて、「補聴器」というと皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「カッコが悪い」とか、
「年寄りくさい」とか、
どちらかというとマイナスイメージが強いと思います。

けれども、私はもう10年も経たないうちに
「補聴器を使っているから、やっぱりあの人は積極的な人だな」
「あの人、聞こえていないのに補聴器を使っていないなんて、
カッコ悪いね」
と云った風に、皆のモノの考え方が変わっていくと考えています。

今後、団塊の世代の人々は、
補聴器を必要とされる年齢になってきます。
高度経済成長を支えてきたこの世代が
補聴器に対する世間一般の固定観念をも変えてしまうに違いありません。

補聴器を題材に、楽しい話題をご提供できるように腕を振るいます。
どうぞ、皆様宜しくお願いいたします。