現在日本の認知症患者は約462万人(2012年厚生労働省調べ)
高齢者の4人に一人は認知症、またはその予備軍といわれています。
団塊世代が後期高齢者となる2025年には、
患者数が700万人を超えるとみられています。
2015年1月政府は、高齢化が急速に進む日本の問題に、
認知症の対策強化に向けての国家戦略
「認知症施策推進プラン(新オレンジプラン)」を策定
認知症発症予防の推進と認知症高齢者の日常生活全体を支える
仕組みづくりの構築に、
国をあげて取り組み始めました。

シーメンス「家族の健康」より
あおぞら補聴器 三段目四十六枚目