男にもかかわらず、森三中のどなたかに似ている私ですが、
補聴器についてお話しする前に
私の経歴もざっくりとお伝えしたほうがいいかもしれません。

そのほうが、
私がどのような過程を経て、どういった考えで
補聴器販売店をオープンしたのか
理解していただけると思います。

私は一つの道をずっとやってきたという人間ではありません。
もともとは漠然と
一つの道を究めたいと思った時期もありますが、
そうならなかった平凡な人間がどのようにして
今に至ったのか、少し書いておいたほうが、
その後の筆の進み具合も変わってくるでしょう。
(今でしたら、キーボードの叩く具合というのでしょうか)

ちなみに私の顔は
エレキテル連合の朱美ちゃんの
顔が真っ青になるくらい肌が白いです。