補聴器は遅れているイメージがあるかもしれません。
しかし、そうではありません。
むしろ最先端といってもいいのではないでしょうか?
今の補聴器も時代の先をいく技術が使われています。
これからの補聴器にも期待できますね。

医療業界や歯科業界は3Dプリントで作った部品を大量に消費している。
そうした業界で必要な製品は、
人間の体とぴったり正確にマッチしなければならないからだ。
カスタムメイドの歯列矯正器具や歯冠(歯のかぶせもの)は、
ますます3Dプリントで作られるようになってきている。
補聴器や義肢は、患者の耳の穴や残っている反対側の手足の
スキャンデータをもとにプリントされている。

『2040年の新世界』より

あおぞら補聴器 三段目四十三枚目