体の機能の衰えをカバーするので、
補聴器は高齢者向けの商品だというイメージが強いですが、
まだまだ働き盛りの時期に
補聴器の世話になる方もおられます。

それは仕事場で
普段から大きな音に接しておられる場合です。
ざっと挙げると、建築現場や工事現場、
テレホンオペレーター、自衛隊、
救急隊員、パチンコ屋さんなどで
働いている方が、あてはまります。

初期の頃は、耳鳴りから始まって
次第に会話が聞こえにくくなります。
この騒音性難聴の聴力には、
高音の4000ヘルツの部分が
ガクンと低下しているという特徴があります。

日本人にとって日常の生活や会話の聞き取りに
必要な周波数は500ヘルツから2000ヘルツであって、
この騒音性難聴が最も影響を与えるのは
それよりも高い音になります。
そのため、最初は気づきにくいのも、
この騒音性難聴の厄介な点です。
次第に他の音も聞こえにくくなってきて
ようやく、ご本人が難聴に気づいて
耳鼻科へ駆け込むということも多いのです。

耳は有毛細胞という部分が
「聞こえ」の中心的な役割を担っていますが、
一度損傷を受けると、
回復することは基本的にありません。
そのために補聴器のお世話になるケースが珍しくないのです。

職業性難聴とも言われるこの種の難聴は
仕事が原因のため、
耳栓や防音保護具を耳を守るなど、
職場環境を整える必要がありますが、
現場レベルで対応するといった根本的な問題解決策が
採られていることは少ないのが実情です。