ハウリングは耳と隙間から生じる音漏れが原因であって、
補聴器のボリュームを小さくするか、
耳栓(耳穴型だと補聴器そのもの)の型をオーダーメイドでつくって
なるだけ補聴器から「ピーピー」といった音が
聞こえなくなるようにするくらいしか手立てがありませんでした。

ただ、ボリュームを小さくすると
本当に聞きたい音までも聞こえなくなってしまいます。

また、耳かけ型補聴器やポケット型補聴器の場合、
「イヤモールド」というオーダーメイドの耳栓であったり、
耳穴型補聴器だと、
入れ歯をつくる時には歯型を採るように
お客様の耳型を採って、
耳と耳栓(または耳穴型補聴器)との間を
なるだけ隙間のない状態にします。

しかし、この「隙間がない」ということは、
耳に多くの部分が密着するわけですから、
着け心地であったり、
ご自分の声の響きが大きくなることにつながります。

そうすると、初めて補聴器を使おうとする人にとって
このご自分の声が響くことに対して
非常に神経質になる方も多く見られます。
長年、耳にしていた自分の声が
今までとは違って聞こえるのですから、
どなたも多かれ少なかれ、
違和感を感じられることは当然です。

そして、ここが難しいところですが、
その響きを何とかしてほしいといった
お客様の感想に沿うようにと
音を何度も調整した結果、
補聴器の効果が半減されている場合も散見されます。

補聴器から、
本来必要とされる周波数の音を必要なだけ
お客様の耳へ届けることが出来ていないのです。
つまり、ハウリングは
補聴器を上手にお使いいただくための根本的な問題で、
結果的に「補聴器は使ってもよく聞こえない」
などといった不満の温床となっていました。