百貨店やメガネ屋さんで
いきなり両耳で100万円する補聴器を勧められた、と
あおぞら補聴器へお越しになる方も増えてきました。

価格が高ければ高いほど性能も良いのは
確かなことです。
しかし、だからといって
「わかりました」と
ポケットから簡単に出せる価格でもありません。

私には補聴器を使っている
中学の同級生がいます。
学生時代は
補聴器を使っていませんでしたが
持病のせいか、
最近聞こえにくくなってきたようです。

彼は私が補聴器屋を始めたことを知って
「いい補聴器を安くつくってや」と言います。

彼の言葉は難聴者の声を代表していると思います。