お一人ひとりの耳の聞こえ具合に合わせて
補聴器の種類が選ばれて、そして調整もなされたうえで
試聴やレンタルが出来ますが
通信販売の場合ですとそういうワケにはいきません。
その方の聴力がわからないので、調整はされていないのです。

つまり、厳密にいうと
その方が使うことの出来るタイプかわからないまま
お客さんが注文したものを
会社は送っているという形になります。

すると、モノが送られてきたのはいいけれど、
「音をもう少し大きくして欲しいなあ」とか
「もう少し雑音や自分の声が気にならなくならないかあ」
なんてこんなことが起こった時に、
調整をしてくれる人は誰もいなし、
通信販売のタイプは比較的安いタイプが多いので
もともと、音を調整をすることの出来る機能が
かなり少ないといった欠点があるのです。

そのため、あとで、専門店などで
補聴器を買いなおすなんてことになれば
結局、余計な手間とお金がかかってしまうことになります。

(今日は通販の悪口を書いたので、
次回はいい点を書きます)