長くて短い人生を、
一人で生き抜いていくには限界があり、
たいていの人間はどのような形であっても集団をつくります。
〇〇族とつくものをちょっと挙げてみると、
家族、貴族、転勤族であったり、果ては暴走族まであります。

最近では、あまり言われなくなりましたが、
国会議員のセンセイ方では族議員というのがあります。
補聴器というモノ自体が、
世間ではまだまだ認知されていません。
そのため、補聴器族というべき先生はいらっしゃらないようで、
他業界に比べ、補聴器団体は、
まだまだ業界としてのパワーは小さく、
それほどパイプが太くないだろうということが想像されます。

しかし、それも少しずつ変わってくるかもしれません。
というのも、以前大阪では選挙戦があったとき、
私のお店のポストにも、
いろいろな政党の内容のチラシが入っていました。
(※私は政治は全く関心がありませんので、
 何気なく見ていただけです)

そのなかで、ある政党のチラシを見ると、
府議会での大阪府知事とのやりとりがありました。
ある府議会議員が
「軽度難聴児に対する助成を拡充すべき」としたことに対して、
大阪府知事が
「すぐに実施したい」との答弁が載っていました。

これからは高齢者問題がクローズアップされるなかで、
コミュニケーションの道具として
必ず、補聴器について考えなくてはいけない時期がやって来ます。
ですので、こういった活動から
一般の方々へ補聴器の理解が進めばいいですね。