日本人がこれまで
「聞こえ」の問題にあまり目を向けていなかったのは、
日本語が低い音域から成っていることで、
高音域から聞こえなくなる加齢性難聴の場合、
聴覚の衰えを自覚する機会が
結果として遅くなるからだと前回お話ししました。

けれども、もし難聴の方が
外国語を勉強しようと思うとどうでしょうか?
日本語の音域が125ヘルツから1500ヘルツに対して、
イギリス英語は2000ヘルツから12000ヘルツであり、
アメリカ英語でも1000ヘルツから4000ヘルツです。

通常の聴力測定では高い音域は
8000ヘルツまでを測定しますので、
12000ヘルツというと、随分高い音です。

すると、英会話や英語のリスニングの勉強をする時、
難聴のままだと
聞き取りにくい言葉があるといった状態から
スタートせざるを得ないことになります。

こういった時に、補聴器を使って、
聞き取れるようになる部分の音域(周波数)も増やすと
勉強もはかどるきっかけになります。
もしかして今までリスニングがなかなか上達しなかった方は
聴力に問題があるのかもしれません。

また、音楽も補聴器で楽しむことが出来ます。
お客様のなかには、
バンド仲間から、
「聞こえていない音があるんじゃないか」と言われていたのが、
補聴器を使うと、
スタジオでの練習もいつもより上手くいって、
仲間からも「聞こえるようになったね」と声をかけられたそうです。

こうしてみてみると、
補聴器には、今までのちょっと後ろ向きのイメージとは違い、
いろいろな場面で使うことが出来る
道具としての役割を
期待することが出来るようになっています。