補聴器を初めて買う人で
スキップをしながらお店にやって来る人はまずいません。
どちらかというと、
「とうとう来てしまった」と、おそるおそる
店の前にやって来るなんていう印象が強いです。

お客さんは
「ちょっと通りがかっただけだから」とか
「いやあ、別に必要はないと思っているんだけど」と
言いながらも
補聴器の必要性を感じておられる方が大半です。

しかも、実際に試していただくと、
語音明瞭度がアップしていて、
言葉の聞き取りは明らかに良くなっている場合が多いです。

あとはご本人がどこまで
補聴器を受け入れることが出来るか、
見えない心理的な壁を
打ち破れるかにあると感じることもあります。