座りっぱなしだと、メタボリックになってしまい、
肩や腰の痛みであったり、慢性的に疲れを感じやすくなります。
肉体的な面ばかりではありません。
長時間座っていると、
うつ病や認知症といったリスクも抱えやすいことがわかっています。

そういう私も、今座ってキーボードを叩いていますが、
座っていると血液の流れが悪くなり、
全身に循環させにくくなるために
難聴の原因の一つといわれる
動脈硬化になる可能性が高くなります。
また、音を感じ取る内耳の蝸牛にあるリンパ液の質が悪くなったり、
蝸牛もむくみやすくなります。
その結果、突発性難聴やメニエール病、
急性低音障害型感音難聴などに罹りやすくなるのです。

椅子に座っているうちに
知らず知らずのうちに前のめりになり、
猫背にもなりやすいですが、
そういった方は呼吸が浅い場合があります。
肺が圧迫されているためで、
酸素不足で蝸牛の有毛細胞に
影響を及ぼすこともあります。

それを避けるためには、
運動をする必要があります。
会社でデスクワーク中心の生活を過ごされている方も
周りからサボリと思われない程度に
席を外して、トイレに行ってストレッチをするなどの
工夫が必要になります。