耳の上にモノを置いている姿は
鉢巻きをした大工さんがエンビツをしていることくらいしか、
他では目にしたことがありませんが、
耳かけ型補聴器を思いついた人はアイディアマンで
人間の耳の形を上手に生かしていることに驚かされます。

耳かけ型はその名の通り、「耳に掛けて」使います。
そのために、このタイプは、
耳ではなく、補聴器のある耳の後ろ辺りで
音をキャッチするということになります。
そうして、その音がチューブや耳栓を通して耳に届きます。

そんなわけで、耳かけ型補聴器の場合、
電話を使う時の受話器の位置に注意が必要です。

受話器は、
補聴器のマイクの部分に持っていく必要がありますから、
基本的には耳の後ろ、ということになります。
ただ、補聴器を外して、受話器を耳に押し当てたり、
補聴器をつけたまま今までと同じように受話器を
耳に向けたほうが聞こえやすい方もおられますので、
一通り試されるのがオススメです。

コードレス電話が普及した今では
そんなことはありませんが、
まだみんながダイヤル式の黒電話を使っていた時には、
補聴器のマイク部分に受話器を向けようと、
四苦八苦したあげく、
電話のコードが絡まってしまう方もいたに違いありません。
これを世間ではマイク・真木(巻き)というそうです。

お粗末でした。