欧米と比べても随分、
補聴器の普及率が低いのには
心理的障壁や保険適用外(保険適用は一部の国のみ)
といったことのほかに、
外国語と日本語の音域の違いがあります。

それは日本語は
低い音域(周波数)が中心となっていることです。
加齢に伴って、高音域から聞こえにくくなりますが、
日本語は低い音が
中心に使われる言語であるために、
会話に不自由する時期が
外国人と比べると遅いのです。
そのために、
今まで耳の問題に関心を寄せる人が少なくて、
補聴器を使おうと腰をあげるのにも
時間がかかってしまっていたのです。

ご参考までに各国の言語の中心となる音域を
表してみました。

日本語は125ヘルツから1500ヘルツ
ロシア語125ヘルツから8000ヘルツ
ドイツ語は300ヘルツから6000ヘルツ
中国語は500ヘルツから3000ヘルツ
フランス語は1000ヘルツから2000ヘルツ
イタリア語は2000ヘルツから4000ヘルツ
アメリカ英語は1000ヘルツから4000ヘルツ
イギリス英語は2000ヘルツから12000ヘルツとなっています。

以上よりおわかりのように、
日本語は世界の主要言語のなかでも
際立って、音域(周波数)の低い言語だといえます。
そう考えると、
日本で普及が遅れていたのも
当然なのかもしれませんが、
「聞こえ」は安全面や脳機能にも
影響を及ぼすので、
難聴や補聴器について理解を深めて
生活を充実させていきましょう。