私は大学を卒業してから補聴器販売店で働き始めました。
そして、入社してから3年くらい経ち、
何か腕に職をつけたいと、
夜は税理士の資格をとろうと学校に通うようになりました。
そしてまあ、勉強に専念するということで、
今から考えると、いいカッコしてですが、
6年近く勤めたその会社を退職したのです。

最初はもともと勉強していたので、
てっきり自分は、近いうちに合格すると思っていました。
だから、見切り発車で退職したものの、
これが難しいの、なんの。
1年に1回の試験なのに箸にも棒にも掛かりません。

そして、ようやく自分の頭に思い描いた人生と
現実が少し違うことに気づいたのです。
そうこうしている間にも、
生活費が必要なので、
食いつなぐために、家庭教師のアルバイトを始めました。

その時、努力して
解決できることと、出来ないことがあると
ようやく知ったのです。