日本人は長生きの方が多く、
2014年の日本人の平均寿命は
男性80.50歳で、女性86.83歳と発表されています。

女性は世界一が3年続いており、男性も4位から3位に
ランクアップしていますが、そういったことも関係しているのか、
お店にやって来られる方も女性のほうが圧倒的に多いです。

そう聞くと、ひと昔前、
「亭主元気で留守がいい」といったテレビCMの言葉が
世の奥様方の喝采を受けたことを思い出し、
「オトコは結局のところ、女の人には勝てないんだなあ」
と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
ただし、平均寿命と健康寿命について考えると、
残念ながら、男性も女性も
元気だと胸を張っていえる状況ではないようです。

ご存じの方も多いでしょうが、
2000年からWHOは
食事、お風呂、着替え、トイレなどの日常生活を
自分で出来る期間を健康寿命として調査を始め、
日本でも厚生労働省において、
そのWHOの考えに基づき測定が始められました。

そこでわかったことは、
平均寿命と健康寿命との格差は
男性8.7歳、女性12.5歳と他国に比べて長いばかりでなく、
わずかながら拡大する傾向もみえていたことです。
つまり、日本人は自立して健康的に過ごせる期間が
外国人と比べて短いともいえる結果だったのです。

そこで、日本政府では保健医療政策として
1 健康寿命を延ばす
2 平均寿命と健康寿命とのギャップを抑制
の2つが課題とされています。

政府は国民に健康寿命を延ばして、
長い人生をいつまでも元気に過ごしてもらうためには
国内に800万人いるとされる
認知症の問題について目を背けるわけにはいきません。

認知症の世界サミットが行われるなど、
この問題がクローズアップされるようになっていますが、
認知症にならないためにはどうすればいいのか
各国が知恵を絞っています。

そういったなか、
聴覚の衰えをカバーすることで脳機能への影響を
抑制する手段として、
補聴器が今、静かに脚光を浴びつつあります。