テレビの歌番組を見ていて、
ミュージシャンの耳にカラフルな
イヤホンのようなものがついているのを
ご覧になった方も多いと思います。
あれはイヤーモニターといいます。

ボーカルの人は演奏中に
自分の歌っている歌がクリアーに
聴こえていない場合があるそうです。
ステージの中央あたりにある
ステージモニターと呼ばれるスピーカーでは
場所や向きによって音の遅れが数秒出てきます。
また音がぼやけて、ボーカルの人が
リズムチューニング、キーも
わからなくなる場合もあります。
アコギ一本のフォークソングなどだったら
まだしも、ロックやパンクなどでは
ボーカルが直立不動で
ライブをすることもないでしょうから、
動き回っているときに聞こえにくいことも多いと
パフォーマンスにも影響します。

そのときにイヤーモニターなら
どの場所にいても
耳から安定した音を拾うことが出来ます。

ステージを走り回っても、
観客席の近くまで行っても、
気にすることはないのですから、
気持ちよく歌うことが出来ることで
イヤーモニターを使うミュージシャンが増えてきました。

ドラマーも
ドラムを叩く音を大きくしても
音源がよくわからないなんてこともあります。
通常のモニターの場合、
ライブ会場によって、
ドラムの位置や、音の跳ね返りによって
聴こえ方がその都度変わってきますが、
イヤーモニターだと
どの場所でも同じように聴こえます。

そういえば、
二十年近く前、
私も学生の時にバンドを組んでいましたが、
こんなことがありました。

演奏が終了した直後、
「いやー今日の音は最高だったね」
「今までで一番だった」
なんて他のメンバーが言っているわけです。
ふと、私は自分のギターへつながっている
ケーブルの先にあるアンプを見てみると
ボリュームのつまみがゼロの位置にありました。

今までの時間はなんだったんだろうと
愕然としましたが、
大きな音のなかでは、
自分が演奏している音の状況が
わかりづらいのは大なり小なり誰でも同じで、
プロアマに拘らず、
イヤーモニターの恩恵に預かる人は増えてきそうですね。

(ちなみに私はコードも満足に弾けません)