終了している番組内容です

昨年、団塊の世代の方たちが
全員高齢者の仲間入りを迎えたこともあり、
新聞、テレビ、雑誌などを見ても、
健康に関する記事や広告が増えてきました。

今週の15日にもNHKEテレの「団塊スタイル」で
「あきらめないで聴力の変化」と題して
(サブタイトル・加齢と難聴仕組みと対策)
耳の聞こえに関する特集が放送されます。

将来的に聞こえにくくなったと感じられた時に、
事前に耳や補聴器に関する知識があるのとないのとでは
耳鼻科や補聴器のお店に行って説明を受けたり、
実際に補聴器外来や補聴器戦も点でで
補聴器を耳にしたときに印象が変わってくると思います。

お時間のある方は、ぜひご覧になることをおすすめします。

「加齢性難聴」と「生活習慣改善」と「補聴器外来」の内容が
告知されているので
明日からはそのテーマでコラムを書いていきます。
以下、番組放送告知内容です。

年をとれば、聞こえにくくなるのは自然なこと。
原因となる病気がない場合、“加齢性難聴”と考えられ、
気づかないうちになっているのが特徴だ。
進行すると、会話についていけず孤立したり、
耳から脳に入る情報が減って生活の質が低下したりする。
今回は、進行を遅らせる方法や加齢性難聴の年老いた親との上手な向き合い方、
そして、補聴器の賢い利用などを伝える。

【出演】藤田 弓子さん /
内田 育恵さん(愛知医科大学特任准教授/国立長寿医療研究センター客員研究員)
【再放送】2016年1月22日(金)